求人原稿の良し悪しで採用力が・・・

◇◇◇◇ も く じ ◇◇◇◇

求人を出していても応募がない、少ないといったことはありませんか?

採用力は企業力×条件×採用活動です!

企業力、条件はすぐに変えられるものではありません。

ですが、採用活動は自社の努力で変えることが可能です。

採用活動の中でも求人原稿や面接方法などはすぐにでも変えることができます。

特に求人原稿は、世の中に数多くあり、そこから選ばれるには確率論から言いますと非常に低いものとなっています。

ですが、一度目に止まってじっくり読まれるように作り込んでおけば応募は確実にしていただけます。

求職者の方は一瞬見て、違うと思えばすぐに違う求人原稿へいってしまいます。

いかにして細かな部分まで読んでもらえるかが重要です。

 

「良い求人原稿とは?」

ではいったい良い求人原稿とはどんな原稿なのでしょうか。

それは、「求職者目線になっているかどうか」です。

求職者の気持ちになって原稿を書かないと的外れな内容になってしまい、「応募が全くこない。」などといったことになります。

求職活動をしている人ってどんな心理状況なのか?

どんな時に仕事を探しているのか?

などと想像してください。

そこが原稿作成を始めるにあたってのスタートです。

求人原稿作成のコツ

求人原稿は、しっかりと求職者の気持ちになっているかが大切と先ほどお伝えさせていただきました。では、どのようにして考えていくのか。

求職者は、

こんにちは

・今の職場に不満があって転職したいのか、もっとキャリアステップを積みたいのか。

 不満がある場合

その不満を自社で解消してあげることができることを記載しておくことが必要です。

例えば、給与が適切に支払われていなかったことに対する不満によって退職を考えているのであれば、

自社では、「しっかりと人事評価制度もあり、実力に応じた給与設計になっています。」

などとアピールすることができます。

キャリアステップが見えないので退職を考えている場合

自社にはしっかりとしたキャリアステップを描けるような仕組みがあることを求人原稿にて記載しておくと求職者に響きます。

3年後には、どのような役職でどの程度の給与になるのか等と明確に描けないと将来に不安を持ってしまいます。

それが明確であれば、その会社で働きたいと思うのではないでしょうか。

このように、求職者は何故転職活動をしているかをじっくりと考える必要があります。

求職者の気持ちを理解することが求人原稿を極める近道です。

タイトルとURLをコピーしました