採用面接

◇◇◇◇ も く じ ◇◇◇◇

面接は応募からのプロセスにおいて非常に重要な位置にあります。

面接は、人を見極める場でもありますが、会社のアピールをする場でもあります。

今や、4社、5社応募していることは当たり前です。

目の前に欲しい人材が座った際に、採用できるかは、その会社の面接力が問われます。

 

「見極め」

①見極める、見抜く

どんな人物なのか、活躍してくれそうか、自社に合うかなどと2回位の面接で見抜く必要があります。

実際には履歴書に記載された経歴が詐称されたものだったり等と苦い経験をされたお客様もいらっしゃいます。

ですが、見抜けなかった会社にも何かしらの準備ができていなかったのかもしれません。

 

「自社プレゼン」

②会社のファンになってもらうためにも自社のプレゼンをしっかりと行う

これまでとは違い、「会社が選ばれる立場」になりました。

しっかりと会社の考え、社風などを伝える必要があります。

自社の説明会資料はご準備されていますでしょうか?

大企業のようにしっかりとした資料でなくても大丈夫です。

会社のミッションなどが記載され、入社後にどんな仕事をするのか等と説明ができれば問題ありません。

 

「面接までの準備」

③面接までに準備しておくべきこと

採用までのプロセスを決めておくことは当然ですが、一番重要なことは「採用ペルソナ」です。

「どんな人材が自社に必要なのか。」

「どんな人材だと定着するか。」

しっかりと決めておかないと採用してもすぐに退職してしまい、また採用活動をしなければならない状況になり、これまでの活動した時間や採用に要したお金が無駄になってしまいます。

採用ペルソナについては別の記事にて記載していますのでそちらにて確認ください。

採用ペルソナを決めてからも、しっかりと面接官同士での情報共有が大切です。

面接官が途中で変わった際にもいかにして共有ができているのかも重要です。

「どんな基準で一次面接を通過できるのか。」

「どんな基準で最終面接を通過できるのか。」

 

 

タイトルとURLをコピーしました