採用ブランディングとは

採用ブランディングとは

目次

  1. 採用ブランディングとは
  2. 採用ブランディングの目的とは
  3. 採用ブランディングのメリットは?
  4. 採用ブランディングのデメリットは?
  5. 採用ブランディングの手法は?

なぜ採用ブランディングが必要なのでしょうか?

大企業のように知名度があれば採用にも困らないのですが、一般的には認知はされていないと思っていいです。

認知がないと当然応募もないです。

まずは自社を知ってもらうことから。

どうやって採用ブランディングを作る事ができるのか。

1.採用ブランディングとは

採用戦略の一つで、自社への共感性を最大限に高めて、独自の付加価値を創造し競合他社との差別化を実現する活動のことです。

特に近年、人材不足で優秀な人材を獲得するために各企業が様々な方法で採用活動をしている中で注目されている採用手法の一つです。

2.採用ブランディングの目的は?

今は「会社が選ばれる時代」となっています。

会社として認知されていなければそもそも応募すらされません。

いかに「認知」されるかが重要になってきます。

そこに気づいていないまま採用活動していても全くの意味のないものになってしまうかもしれません。

ですので、さきに認知されることから実践です。

3.採用ブランディングのメリット

(1)採用コストの削減

求人広告して応募者を集めるといった方法ではなく、自社にマッチした人材を効果的に集めることが可能になります。

そうすれば、口コミや紹介といった経路からと「会社への理解度が高い人材」とのマッチングが期待されます。

その結果、求人広告に出すコストを削減することができるのです。

(2)エンゲージメントの向上

会社としての方向性がしっかりと定まっていると、従業員のエンゲージメントを高めることができます。

従業員としては、自分が働いている会社の認知度が上がると誇りをもって働いてくれるようになる。

(3)競合他社と差別化ができる

採用ブランディングがしっかりとできている企業として認知されれば、同じような規模感の同業がいくつかあった場合に求職者が選択する際に、自社を選択してくれる可能性がより高まります。

4.採用ブランディングのデメリット

(1)従業員を巻き込んで全社でやりきる必要がある

こういった「緊急ではないが重要な作業」といったものはどうしても後回しになりがちだ。

そこにメスをいれて徹底的に議論を行って全社的に行うことが必要となる。

(2)時間がかかってしまう

取り組んですぐに効果がでるようなものではないので、地道に継続していく必要がある。

始めても続かないといったことも非常に多い。

だがこれを継続すれば、他社ではできないものが作り上げられるのは間違いない。

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

5.採用ブランディングの方法

時間がかかってしまうことがどうしてもハードルになっている方もいらっしゃるかと思います。

できるだけ省力化して、最短で採用ブランディングを構築したいものです。

一つオススメの方法があります。それは、

自社の社員にアンケートをとってみることです。

記名式、無記名式のどちらでも構いません。

「なぜ、この会社で長く働いてくれているのか」

「なぜ、この会社に応募して、入社したいと思ったのか」

こんなことをアンケートで本音を集めてみてください。

そうすれば、思いもよらないアンケートの内容にびっくりする経営者様もいらっしゃいます。

無記名式であれば本音を記載してくれる確率は高まります。

こういったことをしっかりと集めて外部に発信することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました